Home, sweet home of roses

ベランダで栽培中の薔薇の記録。それ以外の植物も少しだけ……
2018年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ジャンヌ・ダルク
CATEGORY ≫ ジャンヌ・ダルク
       次ページ ≫

ジャンヌ・ダルク 二番花

これも色が薄く、小ぶりになりましたが、私としてはかえってこの方が好みだったりして(^^;)
花弁が少なくなっていないのは凄いなぁ。

Jeanne d'Arc 140622

香りもとても良いです。今回はミルラ香を強めに感じます。

ジャンヌ・ダルク

これは私がいない間に咲いてしまうかもしれないなぁ……と思いつつ家を出たのですが、
2日留守にして戻ってきたら案の定、花弁全開になって迎えてくれましたよ(´Д`;)

Jeanne d'Arc 140506

ゆっくり開くところが見たかったのに~(ノД`) なんか香りも少し飛んじゃっているような気がするし……
まぁまだ蕾はありますので、楽しみは残っているということで。

冬の剪定でこれでもかと切り詰めた結果、現在の樹形はこのようになりました。

Jeanne d'Arc 140506

鉢はスリットポット6号ロング。こうしてみるとやはりコンパクトな品種です。
元々は切花品種だと聞きますが、それにしては枝が随分短いですよね~
(って前にも同じことを書いたような気がしますが(^^;))

ジャンヌ・ダルク

見切り品だったのが我が家にきてからほぼ1ヶ月。蕾を2つだけ残しておき、咲かせてみました。

Jeanne d'Arc 131015

真っ黄っ黄で濃すぎる色だと私はちょっと苦手なのですが、この薔薇は可愛いなぁ。
写真だとはっきりした色に写りますが、実物はもっと優しい色合いで気に入りました。
こういうのが一株あるだけで、ベランダ全体が明るい雰囲気になりますね。

クラシカルな花型ですが、花首が強くしっかり上を向いて咲きます。
花弁もしっかり厚みがあって強い感じ。
そして香りも良いです。薔薇らしい香りの中に、ちょっとミルラ香っぽさを感じるときもあるかな?

今はこんな感じになりました。

Jeanne d'Arc 131015

もう1輪、花弁開きかけの花もあるのですがね……
今回直撃の予想も出ている台風に耐えられるか……悩みます。もちろん避難はさせますけれども。