Home, sweet home of roses

ベランダで栽培中の薔薇の記録。それ以外の植物も少しだけ……
2013年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年10月
ARCHIVE ≫ 2013年10月
      
≪ 前月 |  2013年10月  | 翌月 ≫

チュチュ・オプティマ

2013年・夏 コガネ被害 第一の犠牲者(ノД`)

今にして思えば、それまで元気に育ちまくり・花もつけまくりだったのに様子が急変した時点で
何かがおかしいと思わねばならなかったのでしょうが……
今年の夏はいつもより忙しくしていたとはいえ、本当に甘かったです。

神代植物公園の売店で昨日見かけたので、また買ってきましたよヽ(`Д´)ノ

さっそく今日株を分けました。
バケツに張った水の中で慎重に根をほぐし、ハイフレッシュをまぶして新しい鉢に……
(普段は水につけずに分けてしまうことも多いですが、今回はかなり根が回っていたので)

Tutu Optima 131031

わーい4鉢に増えたよ~♪
……って本当はこんなに要らないんですけど(´Д`;)

うまく根付かないものが出る可能性などつい色々と考えてしまい、
今の段階で必要な数以外を処分するという選択が出来ずご覧の有様……
でもまぁ大抵そういう時に限って、全部うまく行っちゃったりするものなんですよねー。きっと(vv;)

この後はしばらく半日陰の場所で管理します。
スポンサーサイト



神代植物公園 秋のバラフェスタ

予定していた日に台風の直撃が予想されたり、他の用事が入ってしまったりと色々ありましたが
ようやく行けました(^^;)

特に珍しい品種という訳でもないし数も多くはありませんが、香りの良い薔薇を中心に撮ってきました。
9枚(+1枚)の画像があり、長くなりますので記事は一応畳んでおきます。

マミー・ブルー

まだ少し早いかとも思いましたが、どんどん天候が悪くなりそうなので今日アップします。
台風27号の直撃はどうやら免れそうですが……

Mamy Blue 131025

花と一緒に写りこんでるロープは台風対策用です。まだ一応付けておこうと思います。

香りはとても良いし、花もちもまぁ強香種にしては良い方だと思います。
名前ほど青さを感じませんが、古い時代のHTなので仕方のないところでしょうか。
日向に置いても花弁が紫外線で赤く変色しないのがいいですね。

ディオレサンスが大きく育っちゃったのとは対照的に、こちらは株が小さいです……
元気がないわけではないですが、全体にボリューム不足というかちと切り詰めすぎな感じに?
まぁ、我が家的にはコンパクトに収まってくれた方がいいのですが。

病気にはあまり強くないですが、我が家では何故か秋には病気が出にくいので今は葉っぱが綺麗です。
(とは言え今回の画像に写っている葉っぱは、実は半分以上別の品種のだったりする(^^;))
いつもこうだといいんですが。

ウィッシュアイ

こんな不思議な色合いを出す薔薇だとは思わなかったので、ちょっと驚いています。
これは買って正解だったかも。

ウィッシュアイ 131020

良い香りも戻ってきました。
あの夏を元気に越せているのだから、暑さにも強いわりと丈夫な品種だと思うのですが。

ミニバラとしてはやや大型になるようです。

ディオレサンス

ここには載せなかった花も結構あったりして、この秋はひどい有様でしたが……
ようやくちゃんとしたのが咲いてくれましたよ(´`;)

Dioressence 131020

元々花弁がみっちり詰まったタイプの薔薇ではないので、まぁこんなものです。
もう少し花弁の縁に濃い色が乗ってフリルひらひらだと、もっとそれらしくなるのですが。

花もちはわりと良く、しべを見せて椿のようになりながら結構長いこと残っていたりします(笑)

パフューマ・コルダーナ

この薔薇も本来の色が戻ってきましたね~。
ただ生育がいまいちだったせいか、ちょっと小ぶりで香りも弱いままです。

Parfuma Kordana 131019

まぁとりあえず今年は生き残ってくれただけで嬉しいです。来年にはまた期待できると思います。
(10.21追記: 香りが戻ってきました。来春にさらに期待です♪)

ディオレサンス

ようやく薔薇たちが秋の顔になってきたと思っていたところだったのだけど……
この薔薇だけは未だにこんな調子だったりします(´_`;)

Dioressence 131017

花弁は前回の花より増えているし、強い香りも戻ったので、まぁ今回は良しとしましょう(笑)
(まぁ元々花弁の多い品種ではないですしね……)
一応FL系に分類されるそうなのだけれど、房咲きになっていません。そちらの方が問題かも(vv;)

9月に上がってきたベーサルシュートは、今月初めにピンチできる位まで伸びました。
あとは冬までに枝がしっかり固まってくれればと思います。

台風26号

関東直撃の台風としては10年ぶりの強さだというので、昨日のうちに薔薇を玄関前に避難させておきました。
しかし風向きに助けられたのか、ベランダも玄関前もさほど風が入ってきませんし濡れてもいません。
早くも朝には雨が上がったこともあり、今後の風向きを考えて、薔薇は朝のうちにベランダに戻しました。

しかし家を出て少し離れてみると、とても強い風が吹き荒れているのがわかります。
窓から外を見ていると謎の物体が宙を舞っているし。
薔薇以外の部分では私と家族の生活にも影響が出ています。早く過ぎ去って欲しいですね。

ジャンヌ・ダルク

見切り品だったのが我が家にきてからほぼ1ヶ月。蕾を2つだけ残しておき、咲かせてみました。

Jeanne d'Arc 131015

真っ黄っ黄で濃すぎる色だと私はちょっと苦手なのですが、この薔薇は可愛いなぁ。
写真だとはっきりした色に写りますが、実物はもっと優しい色合いで気に入りました。
こういうのが一株あるだけで、ベランダ全体が明るい雰囲気になりますね。

クラシカルな花型ですが、花首が強くしっかり上を向いて咲きます。
花弁もしっかり厚みがあって強い感じ。
そして香りも良いです。薔薇らしい香りの中に、ちょっとミルラ香っぽさを感じるときもあるかな?

今はこんな感じになりました。

Jeanne d'Arc 131015

もう1輪、花弁開きかけの花もあるのですがね……
今回直撃の予想も出ている台風に耐えられるか……悩みます。もちろん避難はさせますけれども。

レディ・ラック

ようやく綺麗に咲いてくれるようになりました。暖かみのあるピンク色に心が和みます。
香りも今回は期待通り。花もちはあまり良くないので明日には開ききってしまうかも。
(まぁ花びらが無事についていれば、の話ですけどね……台風接近中&明日関東直撃の予報ですので)

Lady Luck 131015

ようやくまともな秋薔薇シーズン到来なのに……
台風め~台風め~こんな時期に来られても困るんだよヽ(`Д´)ノ
(そろそろ薔薇園にも足を運んでみようかと思っていたのに……)

ウィッシュアイ

愛安ローズさん作出の有香ミニバラ。
春に購入後株を分けてスリットポット5号ロングに植えておいたところ、
夏までに太いシュートが2本上がり、逞しくなってきました。

9月初旬にコガネ成虫発見後、全部の薔薇の鉢の土に薬剤を使用しました。
この夏はミニバラ中心に相当な被害を出してしまったので、その分の恨みもたっぷりこめて。
(過去に被害を出したことがほとんど無かったこともあって、発見と対処が遅れてしまったのです。
 これ以上被害を出すわけにはいかないのだヽ(`Д´)ノ)

その後、この薔薇だけ葉の黄変と落葉が始まり……
コガネ幼虫の仕業かと思いましたが、どうもそういうわけではない様子。
原因は未だに不明ですが、薬害が出てしまったのかもしれないです。
幸いそれで枯れるようなことはありませんでしたが。ちと恨みをこめすぎたかも? (^^;)

なお、薬剤だけでは不安だったので、水をなみなみと入れたバケツに鉢を水没……など色々試しました。
どの鉢からも何も出てきませんでしたが、元々いなかったのか薬剤でお亡くなりになったのかは不明です。

* * *

そんなこんなを乗り越え、元気を取り戻して秋の花が咲きましたが、春に咲いていた花と色が違う……
春は普通のラベンダーピンクだったんですが、秋の花はなかなか複雑な色彩です。

ウィッシュアイ 131011

ちょっと小ぶりで香りも弱いのが残念です。春には結構しっかり香っていたんですが……

カフェ(ミニバラ)

台風24号は低気圧に変わり、直撃も免れたのですが、昨日はとても強い風がずっと吹いていました。
ベランダの植物を動かすほどではないと判断し、様子をみながらそのままに。

風になびく……などという生易しいものではなかったけど(笑)、ミニバラのカフェ。

カフェ(Min) 131010

前回の記事からずっと絶え間なく咲いています。
強風の中でも花弁が散らず、なかなか根性のあるところを見せてくれました(笑)

本当はルイ14世とかディオレサンスもまた咲いたんですけど……相変わらず形が変なので
もう写真も撮らずに切ってしまいました(-"-)
また暑さが戻ってきているし(今週いっぱいは続く模様)、秋の顔を見せてくれるのはいつになるんだろう……

レディ・ラック

肌寒い日が少し続いたと思ったらまた暑さが戻り……この繰り返しでついに家族全員が風邪を引きました。
新しい台風もこっちに向かってきているようだし、まったく困ったものです(´_`;)

この天候には薔薇もびっくり?

Lady Luck 131008

昨日まで蕾だったのに朝になったらいきなり全開シリーズの第二弾。
記録目的のブログだからこういうのも一応載せるけど、いくらなんでもブサイクすぎるだろうヽ(`Д´)ノ
酷暑のダメージをまだ引きずってるのかなぁ……それとも急にまた暑くなったから?

とにかくこれはすぐに切ってしまおう。
まだ蕾はありますのでね……そちらには期待したいです。

ルイ14世

昨日まで蕾だったのが、今日の朝いきなり咲いていました。しかも花弁全開(^^;)
暑かったせいですかねぇ……しかし打って変わって今日は11月上旬頃の気温に。どうなってるのやら。

Louis XIV 131004

シェイクスピアとは別系統の赤。個人的にはこちらの色の方が好きかも。
香りがまだ弱いのが残念です。

有名な薔薇だけに取り扱っている業者さんも多くて、カタログに記載されている樹高はまちまち。
それらによれば60cm~1mとかなり幅がありますが、うちのは今1メートル近くあるなあ……
大輪ゴージャス系の品種ではないので、来年以降はもっと小さく仕立てていきたいです。

ウィリアム・シェイクスピア2000

ようやくいい色を出すようになってきました。
再現が難しい色ですが、まぁこれなら赤と言ってもいいかな~という感じ。
(背景の汚さには目を瞑ってくださいm(__)m 今掃除中なんです)

William Shakespeare 2000 131003

しかし未だにこんな色の時もあったりします。
この花は雨水が溜まってボーリングしてしまいました。(10月1日撮影)

William Shakespeare 2000 131001

これは「赤い薔薇」というよりは「赤系の薔薇」というべき品種なのかもしれない(vv;)
もっともイングリッシュローズの赤はほとんどそんな感じらしいですが。

せっかく綺麗に咲いたのに、今日は気温が高く日差しも強く……
いきなり季節が1ヶ月逆戻りしたようになってしまい、昼過ぎには花弁がグンニャリ萎れてしまいました。
仕方ないので切り戻します(´_`;)

今年はベーサルシュートが上がらなかった代わり(?)に、サイドシュートが結構上がっています。
処理に失敗した結果枝が奔放に伸びまくり、そして樹形全体がなんとなく斜めに傾いてしまいました。
冬に植え直して、まっすぐ上を向かせようと思います(-"-)