Home, sweet home of roses

ベランダで栽培中の薔薇の記録。それ以外の植物も少しだけ……
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOPスポンサー広告 ≫ ディオレサンスTOPディオレサンス ≫ ディオレサンス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ディオレサンス

ここには載せなかった花も結構あったりして、この秋はひどい有様でしたが……
ようやくちゃんとしたのが咲いてくれましたよ(´`;)

Dioressence 131020

元々花弁がみっちり詰まったタイプの薔薇ではないので、まぁこんなものです。
もう少し花弁の縁に濃い色が乗ってフリルひらひらだと、もっとそれらしくなるのですが。

花もちはわりと良く、しべを見せて椿のようになりながら結構長いこと残っていたりします(笑)

Comment

編集
> ここには載せなかった花も結構あったりして
っと云うことは
ディオレサンスってかなり花付き良い多花性なのですね???
花もちも良い・・・むむむ
このお花はふっくら感があって輝く強さもあって
ずいぶんと17日と印象が変わりますね
17日の方が好みだけど断然こちらの方が良いです
なるほど~
房咲きと云いとてもためになります
ありがとうございます
2013年10月21日(Mon) 09:48
No title
編集
棘子さま

花つきはまぁ普通かなと思います。
ただ前に載せたみたいな、あまりにひどい花ばかりが咲いたので載せるのやめちゃったんです(^^;)
本来はもう少しフリルの入った花弁になりますので、房になって咲くと華やかになりますよ。
2013年10月21日(Mon) 10:05












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。